UR賃貸のデメリット

UR賃貸住宅には多くのメリットがあることが分かりましたね。

では、デメリットがないのかも考えてみましょう。

まず、UR賃貸住宅は家賃が民間の賃貸に比べると高めです。

しかし、民間の賃貸住宅は様々な構造で建築さているために低コストで絶てる事が可能なのです。

UR賃貸は良質な住宅提供が目的で建築されている為、少し高めに感じるかもしれませんが、耐震性も優れ、住居者に優れた安心規格の建物が提供されるので安心んして住める住宅といえます。

また家賃の改定が3年毎に行われるのですが、この見直しによって家賃が上がることがあります。

ただし、逆に下がることもあります。

そして、民間の賃貸物件に比べると賃貸条件の交渉が出来ないということがあります。

民間の賃貸住宅は家賃の値引き交渉や設備に関して交渉が出来る場合がありますが、UR賃貸住宅は賃貸条件の交渉は一切出来ません。

それでも安心で住みやすいUR賃貸住宅。

このくらいのデメリットがあってもやはりUR賃貸住宅の魅力は変わりませんし。

そんな人気のUR賃貸住宅は物件によってはなかなか借りられないということがあります。

インターネットでも空き状況が確認出来ますので、自分好みの物件を探してみて下さいね。

Comments are closed.